忍野八海の天然水 水心地

世界文化遺産の構成資産の一部として認定された「忍野八海」

当工場では同源の富士山伏流水を採取しております。

 

 

新規参入のチャンス今だけです!

 当工場のある忍野村の「地下水資源保護条例」の施行により、村外での販売を目的とした井戸の新設は規制されております。

世界に通用するブランド力を持った富士山伏流水。

 日本列島のほぼ中央に位置する富士山の麓に山梨県忍野(おしの)村はあります。標高約940メートルに位置する忍野村には、富士山の雪解け水が岩肌に染み、数十年の歳月をかけて地底を流れた透明な水が、忍野八海をはじめ村内の随所に湧き出ています。

環境庁の「全国名水百選」に選出。(昭和60年)

ミネラルの一種である「バナジウム」を豊富に含み、身体にも優しいまろやかな口当たりが特徴の名水です。

ユネスコの「世界文化遺産」に登録。(平成25年)

平成25年にユネスコ世界遺産委員会において、「富士山」が世界文化遺産に登録されたことで、「Mt.FUJI」の名は世界中に知れ渡ることとなりました。
 まさに世界に通用するブランド力を持つのがこの忍野の天然水です。



所在地

山梨県南都留郡忍野村

内野3390番地1

敷地面積

2,876㎡

工場面積

2,976㎡

生産能力


稼働風景紹介


現在、当社は各国に

販売代理店を募集しております。

・フランチャイズ販売権、販売価格:1ヶ国につき3億円から

・今後、考えうる設備投資:1)プリフォーム製造ライン

             2)シュリンクフィルム印刷機

             3)外箱段ボールの外注費用


お気軽にお問い合わせください。